イボのレーザー治療についての基礎知識

イボをレーザー治療で改善する為の流れとレーザー治療のメリットとデメリットを挙げて紹介していきます。また実際にイボ治療をするとどのくらいの料金がかかるのか、相場を説明しています。

イボをレーザー治療で改善する為の流れ

近年多くのクリニックでイボの治療に導入されているのが炭酸ガスを使ったレーザー治療で、レーザーによりイボの除去を行いレーザーでイボをくり抜く方法です。そんなイボのレーザー治療の流れを紹介していきます。

最初にイボの状態、大きさ、数をチェックして診察を行います。そしてレーザーのテスト照射をして体質的にレーザーを使っても問題がないかの確認作業をしますが、その期間はテスト照射の傷が治るまでの3ヶ月程と言われています。テスト照射で出来た傷がキレイに治ることが判明したら実際に治療をする日程を決定し予約をするといった流れになります。

当日はクリームタイプの局所麻酔を塗ってからレーザー照射を行い、拡大鏡でチェックしながら1つづつ照射します。1回の照射時間は短いので、複数個のイボであっても短時間で施術は終了します。照射後患部を冷やして炎症予防の為に薬、軟膏を塗ります。その後はレーザー治療の次の日と1週間後に経過を確認し問題がない場合は通院終了で自宅でのケアとなります。

イボのレーザー治療のメリットデメリット

まずメリットから挙げるとイボのレーザー治療は施術中の痛みと出血が少ない点です。施術の当日は麻酔を使うので痛みは全くないと言えますし、麻酔が切れても少しヒリヒリするといった程度です。それにレーザーを照射したら血管を瞬時に固めるから出血は少ないのが魅力です。だから傷の治りが早く肌への負担もかかりません。

その他にもレーザー治療は複数イボがあっても1回の施術で除去することが出来るので通院の手間がかからず短期間で治療が終了します。照射後に経過確認が必要ですが、その回数も2度程で照射後の傷が治れば治療は終了となります。さらに再発リスクが少ないのもレーザー治療の特徴と言えます。イボの数と状態により異なりますが治療期間は3ヶ月くらいで跡も残りません。

デメリットは保険が適用されないケースが多いから他の治療と比較して料金がかかります。あとケロイド体質の人、妊娠中の人、イボがある場所に傷や炎症がある人はレーザー治療が出来ません。その他にイボの状態により皮膚の奥まで削る場合があるので少し皮膚が凹む事もあります。

イボのレーザー治療でかかる料金

イボのレーザー治療のデメリットの1つに料金がかかる事が挙げられますが、レーザー治療は保険が適用されないので経済的な負担が大きいと言えます。レーザー治療にかかる料金はイボのサイズや個数によって異なります。

またクリニックによっても大きく異なり、1mmあたりの料金が500円から10000円までと幅があります。相場としては1mmあたり2000円から5000円程と言えます。当然イボが大きい程治療にかかる料金も高額になります。そしてイボの数が多い場合はかかる費用は料金×個数となり必然的に高くなってしまいます。その他にも診察料、麻酔施術料、薬代も必要です。

よって治療費の総額はかなり高額と言えますが、他の治療法と比較して飛びぬけて高額という訳でもないのです。その理由は液体窒素での治療は保険が適用されて良心的な料金ですが通う回数が多く、数が多い人やサイズが大きい人の場合は治療期間もかなり長くなります。結果として液体窒素治療でも総額は意外とかかるものです。

イボのレーザー治療の流れとメリットデメリットと相場

イボのレーザー治療の流れはまず個数や状態をチェックしてテスト照射を行い、問題がない場合は施術を行います。その後経過を見てもらい治療は完了となります。レーザー治療のメリットは痛みと出血が少ない点、治療期間が短い点、跡が残らず再発しにくい点が挙げられます。デメリットは治療費がかかる点で保険が適用されずに1mmあたり2000円から5000円が相場です。