意外と知らない!イボができる原因と予防方法について

体にポツポツと複数のイボができた経験はありませんか?

イボには種類があり、年齢や生活環境、体質によって感染することも考えられます。

今回は、イボができやすい体質や主な原因、予防方法について詳しく説明します。

イボができやすい体質ってあるの?

気がついたら顔や体にできているイボは、発見すると何だか嫌な気分になりますよね。

全くイボなんて気にしていないという人と、頻繁にできる人がいますから、イボができやすい体質というものがあります。

医学的にはイボには2種類あって、ウイルス性のものと、非ウイルス性のものになります。

ウイルス性のイボは1つできると他にうつりやすく、全身のあらゆる箇所い広がる傾向があるのです。

逆に非ウイルス性のイボは角質が固まったものの可能性が高く、自然に消えることも考えられます。

花粉症やアトピー、ぜんそくなどのアレルギー体質の人は、免疫が低下しやすいため、ウイルス性のイボができやすい体質です。

また、お年寄りや乳幼児などの免疫低下が懸念されるタイプも、イボができやすくて治りづらいですね。

イボの予防方法はどんなものがあるの?

非ウイルス性のイボなら自然に取れることもありますが、ウイルス性のイボは何度も繰り返してできる傾向にあります。

自己免疫力が弱っている人はイボができやすいので、普段から予防できるように気を配ってください。

手洗いを小まめに行い、肌に合っていないスキンケア商品を使わないこと、それから肌をゴシゴシ擦って皮膚膜を傷つけないなどの注意を払ってほしいのです。

イボができたと思っても患部をいじらず、皮膚科を受診するなど早めの対処も心がけてください。

健康的な肌であれば、イボウイルスに感染しづらくなりますから、毎日清潔にして保湿を心がけ、肌ダメージを減らすようにしましょう。

肌の健康をサポートするビタミンEやビタミンB類の食事を摂り、睡眠をたっぷりとるようにすれば、免疫低下を食い止めてイボ予防ができます。

加齢や紫外線でイボができるって本当?

イボができる理由は、免疫低下の他に、加齢や紫外線ダメージがあげられます。

顔や首など日光が当たる箇所にイボができるなら、原因は紫外線と考えられますね。

外出する時は首にスカーフを撒いたり、日焼け止めを塗ってUVカットするようにしてください。

また、老人性イボというものがあり、加齢によって肌の再生機能が衰え、イボができやすくなることも立証されています。

老人性といっても、間違ったスキンケアをして肌が疲れていると、20~30代でもイボができやすくなります。

これらのイボは一見するとシミと見間違えることもあり、徐々に大きく膨らんで腫瘍のように変化することで、イボだと分かるケースも多いです。

素人では見極めが難しく、安易にいじってしまうと細菌が侵入して、炎症を起こすこともあります。

イボのような膨らみがあるシミは、紫外線、もしくは老人性イボの可能性もあるので、一度皮膚科を受診しておくと安心ですね。

イボができたらライフスタイルの見直しをしよう

イボにはウイルス性のものと、そうでないものの2種類があり、健康的な生活をしていれば感染しなくて済みます。

ストレスを溜めすぎないように睡眠時間を多めにとり、栄養バランスの良い食事をするよう心がけてください。

もしもイボができた時は、慌てて潰すようなことはせず、皮膚科に相談に行くことをお勧めします。

早い段階で適切な処置をすれば、跡が残らないようにイボを改善することができます。
イボについてはここを参考にしました >>> https://www.experience112.com/161.html